読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テイキング・ワン施工例のページ

テイキング・ワンの施工実例を集めたページです。まだ掲載物件は少ないですが、随時増やしていく予定です。どうぞごゆっくり見ていってくださいませ。

和式の便所を洋式にリフォーム

今日は雨。

晴れる日は、朝がずいぶん冷え込むので、ついつい着込んでしまって、お昼になったら汗だく…という日が多い今日このごろですが、こんな雨の日は、朝からあまり気温が変わらず、すごしやすい一日となっています。

さて今日ご紹介する施工事例は、トイレリフォームです。

洋式便器を取り換えるリフォームなら、だいたいの工事内容がおわかりだと思いますが、和式の便所を洋式にするには、どんな工事が必要でしょう。

まず、工事前写真です。

f:id:soratobujutan:20170329140322j:plain

ちょっと狭い空間となっています。右側の壁の向こうが手洗い場の洗面台置き場となっているので、今回、この壁を解体して、広い空間を確保する計画となりました。

図面で見るとわかりやすいと思います。

f:id:soratobujutan:20170426145823j:plain

この、真ん中の壁を撤去して、ひとつのトイレ空間にします。

こういう工事は、小さな空間に、大工さん、水道やさん、電気工事さん、クロスやさんなど他業種の職人さんが入るので、段取りがたいへんです。

そして駐車場。

テイキング・ワンのお客様は、みなさま快く自宅の駐車スペースを職人さんの作業のために貸してくださるので本当に助かります。

ではいよいよ解体工事です。

f:id:soratobujutan:20170418101748j:plain

和式便器を取り外したところです。

このあと、床のタイルと、その下に埋まっている土も全部取ってしまいます。

f:id:soratobujutan:20170418134514j:plain

f:id:soratobujutan:20170418161122j:plain

上の写真は、隣にあった洗面台スペースとの間仕切り壁も撤去し終わったところです。

解体工事は思った以上に時間がかかりました。お風呂の解体も同じですが、タイルの壁や床をはつって基礎の土まで取り除くのは、けっこうたいへんな作業となります。

ここから新しい壁・天井・床を下地を組んで断熱材を入れ、出入り口の片引き戸の枠を作ります。

f:id:soratobujutan:20170419171106j:plain

f:id:soratobujutan:20170420130331j:plain

壁にクロスを貼りました。あとは便器をつけて、引き戸を入れるだけです。

ここまでで3日かかりました。

f:id:soratobujutan:20170421095039j:plain

  ↑ 片引き戸をつけて、いま洋式便器を取り付けているところです。

f:id:soratobujutan:20170421113010j:plain

f:id:soratobujutan:20170421113024j:plain

完成です。

全工程、4日。

この工事で費用は60万円~70万円です。

もし壁を取る作業がなかったら、費用も工程も、ここまではかかりません。

でも、どうせリフォームするなら、画期的に便利になった方がいいし、出入り口ドアなども古いままより新しいものに取り換えた方が、仕上がりがまったく変わります。

ピンポイントで便器だけ取り換えるより、トイレの空間全体を

「便利に・快適に・美しく」設計する。

そんなリフォームの方が、お客様の喜びと感動が大きいですので、あとはご予算と相談しながら、設計・施工をしています。

 

 

床下断熱 畳の部屋の場合

こんにちは。

今日は良い天気で、やっと青空の下に咲く桜の花を見ることができました。

やっぱり桜は、少々カスミのかかった、でも抜けるような青い空に浮かび上がる薄桃色が絵になります。

 

そしていよいよ春から初夏へと季節は移り、「寒い寒い」と震えていた冬の生活とはしばらくさようならです。

でも、断熱リフォームを対象としたエコリフォーム補助金は、5月~6月が第二回申請受付期間ですので、ぜひ今のうちに補助金リフォームしておきましょう!

 

今日は、前回の床下断熱リフォーム記事の続きで、和室の現場をご紹介します。

 

床下に断熱材が入っているお宅でも、畳の部屋にはほとんど断熱材が入っていないのが現状です。

畳をはぐったら、こんな風になっているのを見たことがある方も多いと思います。

f:id:soratobujutan:20170410083916j:plain

f:id:soratobujutan:20170323105256j:plain

畳の下に敷かれた板を取ったら、その下には断熱材もなにもなく、基礎の地面が見えるのがふつうです。

でも、これじゃ寒いのは当たり前です。

断熱を考えたとき、和室を洋室にリフォームするのも有効ですが、ちょっと費用がかかります。

なので畳の下にも断熱材を入れてしまいましょう。

では、畳や板を全部あげて工事開始です。

f:id:soratobujutan:20170410102056j:plain

この状態から、根太の間に断熱材を入れていきます。

f:id:soratobujutan:20170410105728j:plain

きっちりと隙間なく断熱材が入っていますが、これ、スポンと下に落ちないの???

って、思いますよね。

実は、金物を使って、こんな風に断熱材を支えているんです。

f:id:soratobujutan:20170413150453j:plain

 

和室の場合は畳をはいで、床上から施工できるので、フローリングの下にもぐって断熱材を下から接着する方法よりも工事がらくで、畳6畳の和室なら、半日程度で工事は終わります。

工事費用は、1㎡につき5,000円程度です。

現地調査をして、これより安くなることもあるし、高くなることもありますが、大幅に変わることはありません。

床下断熱リフォームをされた方は、

「いままで床の上をスリッパなしで歩けなかったのに、もうスリッパなくても全然足が冷たくならない」

「暖房がよく効くようになった」と、断熱リフォームの効果に驚きと喜びの感想を言ってくださいます。

 

部屋の中にいるのに、スースーとした寒さが体にこたえる、という方は、ぜひ床下の環境をご確認ください。

断熱材が入っていなかった場合は、入れることをおすすめします。

 

生活をささえる断熱リフォーム

こんにちは。

施工事例ブログは、ひさびさの更新です。

 

みなさまご存じかと思われますが、今、エコリフォームをすると補助金が出ます。

エコリフォームは、浴室をシステムバスに替えるなどの対象となる設備機器の取替を3つ以上リフォームすれば補助金が出るのですが、

テイキング・ワンのおすすめは、ズバリ

断熱リフォーム

です。

 

今回補助金対象となる断熱リフォームは、以下の3つです。

  1. 窓に断熱内窓を設置したりする
  2. 壁・天井・床に断熱材を入れる
  3. 勝手口や玄関のドアを断熱仕様のものに取り換える

1の断熱内窓は、皆様よくご存じですよね?

f:id:soratobujutan:20170223085348j:plain この窓に

f:id:soratobujutan:20170225115108j:plain 断熱内窓を設置しました。

写真がへたっぴなので、ちょっとわかりにくいですね。

 

2の断熱材を入れる工事は、テイキング・ワンでは床下をよくやっています。

壁の中に断熱材を入れる工事は、ほとんどしません。

  壁を壊す⇒断熱材を入れる⇒新しい材料で壁を伏せる⇒クロスなどを貼る。

これだけのことをしたら、けっこう費用がかかりますよね。大きなリフォーム工事で間取りを変更する場合などには、壁を壊したときに一緒に断熱材を入れますが、そうでない場合は、わざわざ断熱材を入れるために壁を壊すのは、あまり現実的なリフォームとは思えません。

なのでテイキング・ワンでは、床下断熱をおすすめしています。

床下なら、床下収納庫などから人が入って、断熱材を貼る作業ができます。なんにも壊さないので費用が抑えられます。(大工さんはたいへんですけど(~~;)

では、筑紫野市M様邸の施工事例をご覧ください。

f:id:soratobujutan:20170220085649j:plain

Mさまのお宅は、とっても寒くて困ってらっしゃるとのことでしたので、床下収納庫から床下に入って見てみました。

写真のように、断熱材がまったく入っていませんでした。

以下は断熱材の写真です。

スタイロフォームという商品で、これを大工さんがカットして床下の根太の間にぴっちりとはめこんでいきます。

f:id:soratobujutan:20170220165707j:plain

下の写真は、床下での作業の様子です。

大工さんが地面にねそべっての作業です。

f:id:soratobujutan:20170223113308j:plain

↓ 断熱材を入れ終わった写真です。

f:id:soratobujutan:20170221131158j:plain

 

冒頭でお話した「エコリフォーム補助金」では、床下に断熱材を入れるとき、家全体を工事したら6万円の補助金が出ます。M様邸のように、部分断熱する場合は、断熱材の量が1.5立方メートル以上になる工事に3万円の補助金が出ます。

お借りした平面図をもとに計算したら、居間と台所と洋室を床断熱するには断熱材が40枚ほど必要でした。

断熱材の量を計算する式は

   断熱材の縦1820㎜×横910㎜×厚み40㎜×40枚=約2.64立方メートル

となり、補助金適用の1.5立方メートル以上をらくらくクリアしました。

 その他、M様邸では、断熱内窓6か所、勝手口取替、給湯器の取替もありましたので、補助額の合計は134,000円となり、4月3日、無事に交付決定されました。

 

 エコリフォーム補助金の次の申請期間は5月~6月です。

 それまでに補助金額が予算に達した場合は、6月31日以前でも申請の受付が終了しますので、みなさま、ぜひお早目にお問合せください。

 

 テイキング・ワンは土日祝日が定休日ですが、事務所が閉まっているだけで、お客様のお宅に打ち合わせに行くなどの活動は土日でもしています。

電話番号092-919-5885

電話の受け付けは平日9:00~17:00です。ホームページのお問合せフォームからは、いつでもお問合せいただけます。

すまいのリフォーム|テイキング・ワン

ご遠慮なくお問合せください。

 

テイキング・ワンのブログにて、長期優良住宅化リフォームのリアルタイム記事を連載中です。

長期優良住宅化リフォーム補助金制度を使ったリフォーム工事が、どのように進んでいくのか、

現在進捗中のA様宅の事例をリアルタイムで記事にしています。

はじまりから、打ち合わせ、見積額やリフォーム内容など、逐一わかりますので、ぜひ参考にされてください。

d.hatena.ne.jp

またまた屋根板金から雨漏りが。

最近外回りの改修工事依頼が増えているテイキング・ワンです。

今回ご紹介しますのは、ここのところ非常に増えている、屋根板金に穴があいて、そこから室内に水が漏れてくる事例です。

2012年3月に、別のブログでもご紹介しました。


結果を見れば、「ああ、ここに穴があいて、ここから雨がもれてくるのね」と、すぐにわかりますが、住んでらっしゃる方は、まず、室内に雨漏りしてきてビックリ!

というところから始まります。

すごく不安ですよね。

この雨漏りは、どこからきているのか。

原因は?

修理するのに、いったいどれくらいかかるの?

その前に、どこに相談したらいいの?

 

今日ご紹介するYさまも、同じように、「どこに相談すればいいのやら」と考えてらっしゃいました。

と、いうのも、過去に何回もリフォーム工事をされて、そのたびに、信頼を裏切られてこられたからだそうです。

それで、ゴルフ場で一緒にプレイされたお知り合いに相談してみたら、

「近くにテイキング・ワンがあるやないか」

と言われ、なんとその方がテイキング・ワンの事務所前までY様を車に乗せてきてくれたそうなのです。

その日は日曜で、テイキング・ワンは開いてなかったのですが、後日Y様が、ふらっとご訪問くださり、そのようにお話くださいました。

 

Y様を連れてきてくださった方は、だいぶん以前に当社で工事をされた方で、わたしもよく覚えている方でした。

とってもうれしかったので、ちょっと書かせていただきました。

 

本題に戻ります。

さっそく雨漏りしているという屋根を調査にうかがいますと、またもや板金に穴が。しかも2か所も。

室内に漏れてきている場所からみて、原因は間違いなく板金にあいた穴でしたので、さっそく補修費を見積して、工事までの間に雨が降っても水漏れしないよう、応急処置をしてから本工事までの期間をお待ちいただくことになりました。

応急処置をしたあと、まとまった雨が降ったのでY様に雨漏りしていないかどうかお尋ねしたところ、

「まったく雨漏りしてないよ。やはり原因は、板金の穴だったんだね」

と、とてもご機嫌でした。

f:id:soratobujutan:20161216092721j:plain

ちょっとわかりにくいですが、丸をつけたところに穴があいています。

ちょうど屋根と屋根とが重なる場所で、雨漏りの経路は複雑でした。

では、工事の模様を写真で追いかけていきます。

f:id:soratobujutan:20161216102632j:plain

板金を取り換えるためには、まわりの瓦をいったん撤去します。

f:id:soratobujutan:20161216122733j:plain

防水のルーフィングを入れて、

f:id:soratobujutan:20161218100647j:plain

今度は穴があかないように、ステンレスの板金を入れます。

f:id:soratobujutan:20161218142225j:plain

さきほど、いったん撤去した瓦を板金にかぶせて、あとは仕上げ工事を残すのみです。

 

2012年3月ブログの記事と、内容はほとんど変わりません。

板金に穴があくのは、ほとんどが銅版です。

昔のお宅は、ほとんど銅版を使用していましたから、酸に弱い銅版に穴があく事例があとをたたないようです。

似たような事例で、これも、潜在的にとても多い事例ですが、バルコニー内部の水漏れもご紹介します。

続きは後日upします。

寒くない! 動きやすい! 浴室も、トイレも。[浴室編]

前回、トイレ編をUPしたときに、すぐに浴室編を書くつもりでしたが、別の記事をはさんでしまいました。

お待たせしました。G様邸の浴室リフォームです。

まずは完成写真をご覧下さい。

f:id:soratobujutan:20160206174229j:plain

そして施工前写真が以下です。

f:id:soratobujutan:20151217103930j:plain

どのお宅の浴室にも言えることですが、在来工法のタイルのお風呂は、本当に冷たくて暗い感じがします。

そして、浴槽の半分以上が土の中に埋まっているので、浴槽に張ったお湯が、冬場はあっというまに冷めてしまいます。

 

G様のお宅でも、すぐにさめてしまうお湯が悩みの種とおっしゃっていました。

忙しいG様は、帰宅されてすぐにお風呂を沸かすのですが、もちろん他の家事もたくさんあります。ちょっとほかのことに気をとられて入浴が遅くなると、もうお湯が冷めてしまっている。

追い焚きをしてもなかなか体が温まらないから、さっさと体を洗って、寒いまま浴室を出る。

「温かいお風呂でのびのびしてみたい」

という思いがずーっとあったそうです。

 

このたびお母様のためにトイレリフォームをすると決められたとき、TOTOのショールームシステムバスサザナと出会い、その思いは急加速。

ついに長年の夢を実現されることになりました。

ただし、トイレと同様、ただ浴室を取り替えるだけでは使い勝手はあまり良くなりません。浴室と言えば脱衣所とは切っても切れない仲。

居室から脱衣所(洗面所)、そして浴室へと続く動線を、動きやすく安全にしなければ、せっかくお風呂が新しくなっても、いろいろな問題が残ったままになってしまいます。

そして浴室リフォームのときには、必ず既存のタイル壁をはがして断熱材を入れ替えます。タイル壁の中には水道管が埋め込まれていることが多いので、それもできるだけ根元でカットするようにしています。のちのち壁の内部で水漏れを起こす可能性がありますので、現在では壁の中に給水管を入れずに、床から立ち上げる工法が取られています。

f:id:soratobujutan:20160201160711j:plain

話が少し逸れました。

居室→脱衣所→浴室 の動線のお話でしたね(^^)

最近では病院や老人施設は、出入口のほとんどが「引き戸」「片引き戸」となっています。ですので浴室入り口も、構造の許す限りは引き戸にしたいところです。

ただ、真ん中に構造上大切な柱が入っていたり、真上に2階の柱が乗っていたりすると、簡単に切ってしまうことはできないので、そういう場合はドア、もしくは折り戸でご提案することもあります。

リフォームですので、このあたりは新築とちがって、なんでも希望通りにできない場合があるというのが難しいところです。

G様邸の場合は、その点はクリアできました。

では、居室から脱衣所への入口はどうでしょうか。

今までは、ドアがなく、カーテンで仕切りをされていました。

なので、ここはアウトセット引き戸の登場となります。

f:id:soratobujutan:20160715150744j:plain

アウトセット引き戸は、こんなふうに、ぽっかりと壁に空いた出入口空間をふさぐのには、もってこいのすぐれものです。

これだと壁をこわしたり枠を四方に付けたりという大がかりな作業を省いて便利な引き戸を付けられます。

ですので、G様邸にも採用しました。

これで、安心して脱衣所を利用できるようになりました。もちろん壁には浴室まで続く手すりも付いています。

f:id:soratobujutan:20160206174200j:plain

ちょっとエアコンの工事中だったのでホースとかいろんなものが見えちゃってますが、ごらんのように、脱衣所の床は、クッションシートだったものを水まわりに強い床材に取り替えました。

G様とのおつきあいは長いのですが、以前から「脱衣所の床がブカブカする」とおっしゃっていました。

湿気が多かったのでしょう。古い床をはいで、傷んだ下地も取り替えて、トイレと同じように床下に断熱材をしっかり入れて新しい床材を貼りました。

f:id:soratobujutan:20160202130714j:plain

これだけでもずいぶん寒気がおさまります。

 

これで脱衣所から浴室までの動線が、快適かつ安全、あたたかくなりました。

 

いかがでしたでしょうか。

最近、文章がやや長文化してきて、読みにくい部分も多々あったと思いますが、こういう施工事例を書いていると、当時を思い出してどうしても熱く語りがちになります。

数日して推敲したりしてますので、また読みにいらしてください。

 

G様、夏になりましたが快適にお過ごしでしょうか。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨樋、破風(鼻隠し)の改修

いま、長期優良住宅化リフォーム見積中のお客様用に資料を用意していたら、これは皆様にお目に掛けておいた方が良いだろうという施工実例が出てきました。

外壁塗装をするときに、痛んだ鼻隠し(写真の赤枠部分)と雨樋を取替た工事です。

f:id:soratobujutan:20080201093304j:plain

 

この部分はとくに日焼けしやすく、何度ペンキを塗っても塗膜がぽろぽろと剥がれてしまう、そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

それは外部に使われた木部の宿命と言えます。

木製のウッドデッキや木製の濡れ縁も同じですね。だいたい5年に1度は塗り替えないと良い状態を保てません。

なので最近の住宅は、木造住宅でも、この鼻隠しの部分だけは樹脂製、あるいは板金で巻いた住宅が多くなってきました。

 

それを、リフォームでも施工できます。

一見、上の写真とは別の家のように見えますが、雨樋と鼻隠しをリフォームして、このようになりました。

f:id:soratobujutan:20080204152225j:plain

赤枠の部分が、さきほど傷んでペンキのはげていた木部を、板金で巻いたものです。

板金といってもわかりにくいですよね。

これはガルバニウム鋼板といって、強く、さびにくい鋼板です。

f:id:soratobujutan:20160520110340j:plain

ガルバリウム鋼板 - 日鉄住金鋼板株式会社

 

テイキング・ワンでは、10年以上前から、この材料で外部の木部をリフォームしてきました。

写真のお宅を施工したのは平成20年です。毎回近所を通るときは必ず外から状態をチェックしていますが、施工時と変わらぬ状態を保っています。

 

もし外壁塗装のとき、鼻隠しや雨樋が傷んでいたら、せっかく足場をかけるのですから、一緒に施工されてはいかがでしょうか。

 

 

 

ミニ知識

住宅の印象は、屋根から軒先にかけての仕上げ具合に大きく左右されます。

「一文字葺き」などは、軒先をスッキリ見せるための瓦葺き方法で、昔は銅板平板などを使用して瓦を葺いていました。

いま銅板は価格が跳ね上がり、また、酸性雨に弱く穴があくなどの症例が増えているため、一般住宅ではガルバニウムで平板を作ることが多いようです。

f:id:soratobujutan:20160520112521j:plain

「一文字瓦」を用いて、和瓦の軒先をスッキリと見せる方法もあります。

このように、日本の住宅文化では、軒先をスッキリさせることが住宅の「粋」につながっていたのですね。

いまも昔も、軒先を姿よく維持することは、メンテナンス上はもちろんのこと、美観的にも、とっても重要なことだと言えます。