読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テイキング・ワン施工例のページ

テイキング・ワンの施工実例を集めたページです。まだ掲載物件は少ないですが、随時増やしていく予定です。どうぞごゆっくり見ていってくださいませ。

浴室リフォーム工事 E様邸

給湯器から水が漏れている?

そんなお電話をいただいて、私が現場確認にうかがいますと、たしかに給湯器の置かれている台の下部分の土が、かなりぐっしょりぬれています。

f:id:soratobujutan:20120802095832j:plainでも、給湯器本体からは、どこをさがしても水漏れ箇所がみつかりません。給湯器自体も普通に使えて、「お湯が出ない」などの不具合はないということです。

ということは・・・給湯器の置かれている下の地面のどこかで給水管が破れている可能性が高いですね。

f:id:soratobujutan:20110919152705j:plain掘ってみたら、やはり土中の古い給水管が錆びて水が漏れ出ていました。塩ビ管で修理をして、この部分からの水漏れは、無事、直りました。

 

ところが・・・

f:id:soratobujutan:20120802100752j:plain

給湯器のそばにある浴室の水栓金具、この付近のタイルに耳をあてると、「シュー、シュー」と、一定の間隔を置いて水が噴き出すかのような音がきこえてきます。

お話をうかがうと、このお宅では井戸水をご利用ということで、井戸ポンプの動きに合わせて、壁内の水道管の水が吹き出たり、停まったりしているようなのです。

給湯器の下と同じように、浴室の壁内でも水が漏れているのなら心配です。E様は、この際浴室まわりの古い給水管を全部やりかえて、井戸水から市の水道に切り替えたい、というお気持ちをお持ちです。

でも予算もありますから、取りあえず浴室の外壁を一部剥がして、今漏れている水道管の修理だけをするお見積もお出ししました。

悩みに悩まれた末、浴室を、ユニットバスにリフォームすることに。

悩みに悩んだけれど、いざリフォームが決まると心がウキウキ。E様の奥様は、「浴槽は絶対にピンクにしたい!」と楽しそうです。「ピンク~?」と、ご主人様は微妙な反応。。。(^^;

f:id:soratobujutan:20120802103206j:plainご主人様が一番気になっているのが、浴室まわりの壁や床下がどんな風になっているか、ということでした。

解体工事が始まると、給水管の水漏れしていた場所や、そのまわりの建材の状態を随時ご主人様に確認していただき、外壁内部に断熱材の入っていなかったところに新しい断熱材を入れるなどの、あらかじめ見積段階で予定していた、解体したときでなければできない手当を行います。

f:id:soratobujutan:20120802103654j:plainご主人様の不安が解消できたところで、いよいよバスユニットの組み立て工事に入ります。ここから先は、奥様の出番です?????

f:id:soratobujutan:20111014180821j:plain組立完了\(^o^)/

こだわりの、ピンクの浴室のできあがりです。ユニットバスは、TOTOのWBシリーズ。WBシリーズは、いろいろなタイプの大きさの浴室に対応できるので、マンションなどでもよく使われます。

もちろん床はカラリ床、浴槽は、冬でもお湯がさめにくい魔法びん浴槽です。冬になったら、給湯器にかかるガス代が、ずいぶん節約になるはずです。たのしみですね!

     ***

井戸水は、給排水管を腐食させやすいので(ウォシュレットなどの精密機器の故障の原因にもなりやすいのです!)、当社では、お客様からご相談があったときは、庭の散水などに限定して井戸水をご使用いただくようお奨めしています。