読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テイキング・ワン施工例のページ

テイキング・ワンの施工実例を集めたページです。まだ掲載物件は少ないですが、随時増やしていく予定です。どうぞごゆっくり見ていってくださいませ。

台所の水漏れ改善工事事例

 今年の春、洗面台を取り替えたお宅でのことです。

 白蟻の床下点検も、もうかなりの間やっていないから・・・ということで点検の依頼を受けました。すると、台所のシンクの下にあたる床の部分が湿気てカビがはえ、木部が腐っているのがわかりました。

f:id:soratobujutan:20130314113806j:plain

 

 この写真で見た限りでは、流し台の排水管のまわりが腐りがひどいので、流し台扉をあけて中の排水管を確認するも、水が漏れた形跡はなし。

 ということは、流し台の下のスペースで、排水管に亀裂が入るかどうかして、じわじわ水がにじんでいるのか?

 これは1度、シンクをはずしてみないことには、原因の断定ができないなあ・・・

ということで、お客さまにご相談。

 すると、今の流し台は古いし、水栓金具も使いにくい高さにあるので、どうせ1度はずすのだったら、新しい流し台に替えたいということになりました。

 

 

 さて、注文しておいた新しい流し台がやってきました。

 いよいよ流し台をはずして水漏れの原因を突き止めます。

f:id:soratobujutan:20130211155432j:plain

 はずします!

f:id:soratobujutan:20130304134953j:plain

はずれました!

 写真ではわかりませんが、水漏れの原因は排水管ではなく、水栓金具につながっている、タイル壁の内側を通っている給水管が、壁内のどこかで水漏れをおこしているようなのです。

 

 またまた見えないところで!

 

 と思いましたが、職人さんは、タイルの壁を壊すことなく、改善する方法を考えてくれました。

 壁の中の、水漏れを起こしている給水管には水を流さず、外壁側からバイパスを通してやって、水栓金具に水を引き込む方法です。

 それだと、大がかりな工事にもならず、お客さまも一安心。

 

 水でふくれて悪くなっていた床を切り取って、新しい板でふたをします。

f:id:soratobujutan:20130304135231j:plain

 

 あとは新しい流し台をつけてから、外で給水管のバイパス工事を施します。

f:id:soratobujutan:20130304154112j:plain

 ぴっかぴっかの新品流し台になりました。

 クリナップの流し台で、中も外も全部ステンレスです。さすがクリナップ。高級キッチンでなくても、いい仕事してますね~~~。

 

 洗面台を取り替えたことがきっかけで床下点検をして、点検をしたおかげで水漏れに早めに気づいて、水漏れ修理をしたおかげで流し台が新しくなって、まるでわらしべ長者みたいねと、お客さまが喜んでくだすったのが、ありがたいですね。