読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テイキング・ワン施工例のページ

テイキング・ワンの施工実例を集めたページです。まだ掲載物件は少ないですが、随時増やしていく予定です。どうぞごゆっくり見ていってくださいませ。

防草シート+砂利敷きで、雑草対策リフォーム

みなさま、こんにちは。

今日は、庭の草取りを少しでもらくにするためのリフォームをご紹介致します。

大野城市のS様邸は、和風の家で南側は玉砂利を敷いて草防止をされていますが、北側はなにもしていなかったので、暖かい季節になると、気が付いたら草がボーボー。

外まわり担当のご主人様が、一生懸命草刈りをされていました。

でも、できれば草取りはしたくありませんよね。

なにかいい方法はない? 

とご相談いただき、防草シート+砂利敷き込みの工事が、和風の家にはいいだろうとご提案し、工事をすることになりました。

こちらが、草を刈ったばかりの北側の写真です。

f:id:soratobujutan:20150916142604j:plain

では、地面を平にならすために、表面を削っていきます。

以下が、その後の写真です。

f:id:soratobujutan:20151021105100j:plain

残っていた草もきれいに取り除きました。

その上に防草シートを張っていきます。

f:id:soratobujutan:20151021113227j:plain

もう、これだけで草がはえてこないかも!と、期待が高まってきます。

そして、この上に砂利を敷きこみます。

f:id:soratobujutan:20151021133715j:plain

これだけ見たら、下に防草シートが敷いてあるのがうそのようです。

和風の家にぴったりの砂利ですね。

f:id:soratobujutan:20151021133705j:plain

砂利を敷いたのは北側だけなので、境界にはピンコロという石を置いて砂利が流れて行かないようにしています。

とってもきれいに仕上がったので、S様もたいへん満足いただいて、あとは今度の夏、実際に草がはえてこないのを待つばかりと楽しみにされています。

ただ、防草シートは完全ではありませんので、長年たつと草はどこかからはえてきます。それは、モルタルで土間を作っても、少しの割れ目やスキマから草がはえるのと同じで、完璧に草を防止することはできません。

それでも、全てが土で草がはえ放題の環境から比べると、かなりの効果が期待できますので、草にお悩みの方は、この工法も検討の材料にされて下さい。

 

雑草対策としては、「雑草アタック」という商品もありますので、以下にご紹介します。

www.kanryu.co.jp